貴方の家族で一番お金持ちになれるひとって誰かご存じですか?

質問です。

貴方の家族で一番お金持ちになれるひとって誰かご存じですか?

 

 

恐らく、この記事を今、ご覧になっている、貴方では・・・・・・・ないのです。

 

ショックかもしれませんが、

それは、貴方より、もっと、お金持ちになれるひとって、意味です。

 

少し考えてみて下さい。

ヒント:お正月

 

 

はい、正解は、貴方(や貴方の兄弟姉妹 等) の子供です!

 

お正月、すなわち、子供が喜ぶ、お年玉の季節なので、今回は、子供とお金に関する記事を作りました!

 

何で、子供が、貴方より、お金持ちになれるのか?

 

うちの子にそんな才能なんて、ないよ~って、思っちゃう方もいるかもしれません。

 

ですが、子供には、貴方より確実に秀でているものがあります。

それは・・・・

 

 

貴方より、これから、長く生きられることです!

*例外もありますが、長く生きられることに関して、貴方より有利な立場にあります。

 

どうして、長く生きられれば、お金持ちになれるのか?

 

それは、以下、2点に集約されます。

1. 積み立てでお金を貯められる期間が長いこと

参照記事1:積み立て投資のイメージを持ちましょう!

参照記事2:トラリピ vs 積み立て投資 本当に初心者向けなのはどっち?

 

2. 複利運用する期間が長くとれ、お金を増やせること

参照記事3:積み重なる利息は貴方の敵か味方か?

 

もしも、貴方や私がそのまま、貴方や私の家族の子供になったら、数十年後、確実に、今よりお金持ちになっている自信はあるかと思います

 

何故なら、以下2点の事実を、(恐らく、) ご存じだからです。

(1) 無駄なことにお金を使わず、賢く節約し、貯蓄出来るから

(2) 今後、なくならず、毎年、収入が手数料を上回るものに積み立て 及び 分散投資するだけでいいということが分かっているから (今よりリスクをとる必要もありません)

参照記事4:今だからこそ、長期投資考えませんか?

 

 

だったら、そのことを、貴方が普段とっている行動を、子供に分かりやすく、伝えていきましょう!

 

 

子供のお金教育に関する本で、「とみのなる木」の育て方―こどもの時から学びたかった「お金の育児書」(ガイア出版) があります。

その中から、子供への教育アイデアを引用します。

P70-71

◆五歳から一七歳頃に始める

お小遣いを残して半分を貯金

ここからは、すこしずつ子供が自分で実行していけるように、教えながら貯蓄をする時期です。

五歳になると、子供は幼稚園で文字を習い、自分の名前の書き方を覚え、数や簡単な算数を学びます。この年令の子供が一番わかりやすい算数が「半分」という概念です。ですから、子供が五歳になったら、「もらうお金の半分を貯金する」ように教えましょう。

P100-101

子供に伝授する、100円が一億円になる魔法

半分は何でも好きなものを買っていいんだよ

「ねぇ、一億円あげようか?」

夕食の時にでも聞いてみてください。子供は間違いなく興味を持つはずです。

驚き、興奮、ユーモア、疑い、いろいろな反応が返ってくるでしょう。冗談だと思うかもしれません。でも、これは真面目な話なのです。もう一回同じ言葉を繰り返します。

「一億円あげようか?でも今すぐじゃない、パパ(ママ)くらいの歳か、もうちょっと大きくなった時に億万長者になれる方法があるんだよ。それを教えてあげようか。無理してたくさんのお金を稼がなくてもできる方法なんだ」

「やりかたを教えてあげるだけじゃなく、君が億万長者になるために今日からパパ(ママ)が手伝ってあげるよ。どうする?」

「まず、毎日200円ずつあげよう。パパ(ママ)からのプレゼントだ。200円なんてすごく少ないお金だね。でもこれは、君が大きくなるのと一緒にお金も大きく育てるための、はじめの一歩だよ」

「どうやるか説明するよ。この200円のうち100円は好きなものに使っていい。今持っている他のお金に足して、お菓子でもポケモンカードでも、なんでも好きなものを買ってもいいんだよ」

「残りの100円は貯金するんだ。ずーっとだよ。どんなことがあっても30年は使っちゃだめだ。ここまではわかったかい?」

 

如何でしょうか?

今はお金がモノをいう世知辛い時代です。

子供がお金に対して将来の不安を抱かなくなることは、子供が未来に希望を持つことと同じです。

 

お年玉をあげるこの時期に、是非とも、子供に対して、お金の教育も始めてみては如何でしょうか?

 

 

 

なお、「とみのなる木」の育て方―こどもの時から学びたかった「お金の育児書」(ガイア出版)について、注意事項があります。

 

原著(Seeds of Wealth)はアメリカのジャスティン・フォード(Justin Ford)が書いており、こちらについては、恐らくですが、再販されていると思います。

しかし、日本語訳した「とみのなる木」の育て方―こどもの時から学びたかった「お金の育児書」は、ガイア出版から、もう発行されていない可能性があります。

私は、ガイア出版とコンタクトを取ろうとしましたが、応答はありませんでした。

アマゾン等に売り出されている分が、今の日本で手に入る在庫分だと考えられます。

ですので、この記事を見た方は、むしろ出来るだけ買わないで下さい!

私も、親戚・親友に配る分とか、何冊か持っていたかったのですが、他のひとのことを考え、止めました。

また、ご興味を持った企業様ありましたら、是非とも、「とみのなる木」の育て方―こどもの時から学びたかった「お金の育児書」の国内での著作権等をガイア出版から譲って貰い、再販をして頂きたいと考えています。

子供が未来に希望を持てれば、日本の未来も明るいものとなります。

私も自分に出来ること考えていきますので、皆様も何卒ご協力をお願いします。

 

原著(Seeds of Wealth)は下のリンク先からどうぞ!(そちらは好きなだけ注文下さい(笑))

Xボーダー

 

・・・↓の記事で記載した本も、大人向けではありますが、子供の教育に役立つかと思います。非常にいい本です。ご検討をお願いします。

投資銘柄や手法を追いがちな方へ、最後に1つだけお願いがあります。

当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには参加していません。

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界最大のお金持ち(?)国家、日本の投資の現状、変えたいのです!

これだけは押さえておきたい!次世代型の販売戦略への対応法

ブラックな職場で、お金もなく、転職出来る境遇にない方はどうすれば

情報ビジネスのジレンマ

投資家でも騙されてる!?日本(政府)の借金〔対GDP比〕を解説!

お金の管理出来てますか?