インヴァスト証券 マイメイト AIエージェント育成の詳しいルール

インヴァスト証券の新たなFX自動売買サービス『マイメイト 』で、自動売買を行うAI(人口知能)の育成システムの詳しいルールについて記載します。

マイメイト

  • マイメイト では、自動売買の実際の判断を下すAIをエージェントと呼んでいます。

直近の記事 ”へっぽこAIエージェントと歩む移動平均線での稼働判断-4 指導??編 #MYMATE ”で、育成システムに疑問ができ、それをインヴァスト証券様に質問し、丁寧に教えて頂いた内容を共有します。

疑問は、端的に言うと、
『利確タイミングが早すぎと感じた場合に、叱った場合、AIエージェントはどのような基準で判断(反省)するのか?』です。

インヴァスト証券様への質問を通して、育成システムの仕組みについて詳しく知ることができましたので、まとめます。

特に、判断(反省)の仕方によっては、真逆の結果を産む可能性のある 「利益が出たのに叱る」もしくは「損失を出したのに褒める」という評価をした場合に特に参考になる話かと思います。

育成の大前提

まず、育成の大前提について、それは・・・

AIエージェントはそれぞれに個性や独自の考えがあり、
褒められたり叱られたりしても、それをどう受け取るかは、AIエージェントによって異なる

・・ということです。

大前提から何ともややこしい話ですが、人間一人一人と同じと考えればいいのかなと思いました。

意図通りに受け取ってくれるAIエージェントもいれば、意図を勘違いして受け取ってしまうAIエージェントもいるということですね・・・

人間と同じように考えなくてはいけない・・そうは言っても、
コンピュータープログラムである側面もあるはずですので、なおも食い下がって、
インヴァスト証券様に分かっているシステムのルールについて教えて頂きました。
(対応して頂いた関係者の皆様、本当にありがとうございました)

という訳で、育成システムの本題に入ります。

育成ルール1:評価は「一連の取引に対する評価」と受け取る。

評価できるポイントは、
エントリー(買い もしくは 売り の新規注文)をした日
もしくは
決済(売り戻し もしくは 買戻し の締めの注文)をした日 です。

このエントリーと決済の日、どちらを評価しても、「一連の評価」として受け取るそうです。

「一連の評価」とは、
エントリーしたタイミングが良かったのか/悪かったのか?

決済したタイミングが良かったのか/悪かったのか? です。

そして、もし決済後に、ドテン売り/買いをしなかった場合は、そのことに対する評価と受け取らないとのことです。

エントリーせずポジションを持たなかった日には評価することができませんので、それと同じ仕組みのようです。

直近の記事 ”へっぽこAIエージェントと歩む移動平均線での稼働判断-4 指導??編 #MYMATE ”で利確が早すぎることに対するダメ!!をドテン買いをしなかった評価とは受け取ってはないようです(一安心)

2週に渡って、エントリーと決済をした場合は、2回(1週間に1回だけ評価できるため・・・2週間で2回)評価することができます。

その際、エントリーと決済した2日間に同じ評価をすれば、2回分の「一連の取引」に対するイイネ/ダメの評価の効果が得られるそうです!!
*評価のできる2日間に異なる評価をすればプラスマイナス0で評価しないと同じになるそうです。

ドテン売り/買いのポイントでは、2つの「一連の取引」に対する評価となるようですので、評価する日はちゃんと考えた方がいいかもしれません・・・

例えば、下のように全てドテンの取引をしている場合の例で

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AI_nanashi-220625-2-1024x494.jpg

プラスの収益になった日の「一連の取引」を褒めてあげようとした場合・・・
売りを決済する日でもあり、買いのエントリーをする日でもある2022年6月22日しか選択肢はありません。他の日を選択すると、マイナスの収益となったことを褒められたと認識される危険があります。

収益がでているのに利確が早すぎることに対するダメの評価を、AIエージェントは「一連の取引」についての評価と受け取りますので、”そもそもそのポイントでエントリーしちゃダメ!”と受け取られる可能性もあります。

そこで、2番目のルールです。

育成ルール2:評価についての反省は、その前後の値動きによって行う

週末の木曜日や金曜日の評価を行った場合、その週だけではその後どのような値動きをするのか?分からない可能性が高いです。

評価の締め切り日は、評価をすることのできる週の翌週の土曜日の午前10時までであり、
そのときまでの値動きが反省のポイントとなるそうです。

上のチャート図での表記が
直近の記事 ”へっぽこAIエージェントと歩む移動平均線での稼働判断-4 指導??編 #MYMATE ”で、利確が早すぎたためにダメ評価をつけたときの例です。

決済後にも、決裁した位置より数日間値下がりしています。

せめてあと一日待てば、追加で100pips(1万通貨単位で約1.5万円)以上とれたと思うのですが、
中途半端なところで決済してしまっています・・・

なお悪いことに、その後の値動き激しいところで売買を繰り返し損失も出しており、
その根本的な原因が、決済が早すぎたことと気づいてくれたらいいなと思い、ダメ!!の評価にしました。

・・・で、評価の反省に使われる期間は、緑の矢印にて示した期間ですので、AIエージェントのnanashiちゃんも何でダメだったのか?きっときっと分かってくれるといいなと思います。。
(ただし、AIエージェントの個性次第の面もあるので、恐らく、そう感じてくれるだろうという予想に過ぎません)

 

マイメイト育成ルールのまとめ

大前提 AIエージェントの個性によって評価の受け取り方は変わる

ルール1:評価は、エントリー/決済どちらの日でも「一連の取引に対する評価」と受け取る。

  • エントリーしなかったことに対する評価とは受け取らない

育成ルール2:評価についての反省は、その前後(一週間程度)の値動きによって行う

 

以上です。

 

今回、色々、分かったので、(収益メインである米国株投資の関係上、毎日一回はチェックしている)通貨ペアUSD/JPYを扱うAIエージェントを新規作成し、気長に育成も試してもいいかなと思いました。

 

【関連記事】

【FX上級者向け】インヴァスト証券 AI自動売買の活用法 弟子とりませんか?

へっぽこAIエージェントと歩む移動平均線での稼働判断-4 指導??編 #MYMATE

【未経験者・初心者必読】インヴァスト証券 AI運用のカギは稼働判断にあり

 

マイメイト
  • ↑期間限定で本ブログとタイアップ特別特典あります。
    追加で2体、AIエージェントが作れるポイントがもらえます。
  • マイメイト についての注意点
  • マイメイトの口座連携には「マイナンバーのご用意」と「マイメイト登録」が必要となります。
  • 売買シグナルは1日1回20時頃にあります。(売買シグナル回数の拡充は検討中のようです)
    売買シグナルには「取引をしない」判断もあります。
  • 本来は、AIを育成するサービスというより、多くのAIから選ぶことでFX自動売買をしていくサービスの面が強いそうです。本ブログでは、マイメイトは非常に奥深いシステムと考え、色々試しています。
マイメイト

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには不参加

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

移動平均線で自動売買判断17 シストレ24 3カ月Top 1907

移動平均線で自動売買判断08 シストレ24 3カ月Top 1901

移動平均線で自動売買判断09 ゴゴジャン 3カ月上位 1901

トラリピvs 積み立て 本当に初心者向けなのはどっち? ver 2

移動平均線で自動売買判断11 ゴゴジャン 狙い目レア 1902

第五回 俺のフルオート募集記念:フルオートの超簡単な作り方を公開