「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル

この記事では、インヴァスト証券のクレジットカードでのキャッシュバック(現金還元)によって、「0円で投資」が出来るマネーハッチについて、私のお勧めの投資スタイルをご紹介します。

どちらかというと、インヴァスト証券でのクレジットカード利用を節約/財テク手段の1つとして考え、投資での利益を積極的に得ていくよりも、あまりリスクを冒したくない方に向いている記事です。

この記事は“私の考える、キャッシュレス化社会で騙されない、基本の判断基準”の補足です。

インヴァストカード

 

さて、私は、インヴァスト証券のクレジットカード(インヴァストカード、還元率:1%)を利用しています。

*ネットショッピングでは、更に高い還元率での利用も可能です。

クレジットカードによって、還元された現金は、マネーハッチというシステムによって、投資資金として運用されます。

*マネーハッチはトライオートETFという自動売買システムの一部です。資金の運用過程では、厳密には、マネーハッチとして運用されている部分と、マネーハッチ以外のトライオートETF内で運用されている部分に分けられます。しかし、この記事では、全てマネーハッチでの運用として説明しています。また、マネーハッチでは、クレジットカードのキャッシュバック以外にも、口座引き落とし等の積み立て投資も可能です。

トライオートETF

 

① マネーハッチでは、まず、還元された現金は、投資可能額まで積み立てられます。

② 投資可能額に達すると、翌週の市場開始時に買い付けが行われ、自動売買が開始します。

③ 自動売買は価格が 「1 USドル上がったら」決済、更に  「3 USドル上がる」か「2 USドル下がったら」買い付けというように、延々と繰り返されます。

④ 更に、積み立て資金が貯まったら、また翌週の市場開始時に買い付けが行われ、また新たな自動売買が開始します。

以上、延々と積み立てと自動売買が繰り返されます。

マネーハッチでの自動売買は、以前取り上げた、トラリピのようなリピート型の自動売買システムとなっています。

参照記事:トラリピ vs 積み立て投資 本当に初心者向けなのはどっち?

トラリピはFX取引ですが、マネーハッチは、CFD取引、つまり、「ETFの証拠金取引」を行います。

ETFとは、指標に連動したインデックス型投資信託を、株と同じように自由に売買出来るようにした金融商品です。

トラリピと積み立て投資の比較で言及したのですが、リピート型の自動売買システムは本来、初心者向けではありません。(今後の相場を読んでいく力が必要となっています)

マネーハッチでは、自動売買を積み立て投資と組み合わせることによって、ある程度のリスク軽減にはなっています。ですが、よりリスクを軽減した投資スタイルをご紹介することで、投資初心者の方により一層、今後、安心して、マネーハッチでの運用して頂けるようにと、本記事を書いています。

では、本題に入ります。

 

私のお勧めする投資スタイルは・・・

日経225ETF自動売買 です!

初期設定は、バランス型の 世界株ETF自動売買 になっているので、変更をお勧めします。

なお、日経225ETF自動売買は、インヴァスト証券の基準ではリスク重視ではなく、リターン重視として、設定されております。

何故、私が、日経225ETF自動売買をリスク重視の運用として、お勧めするのか?

理由は3つあります。

<理由1>

一般的に、リピート型の自動売買システムが最も力を発揮する相場は、上がるのか下がるのか分からないレンジ相場だからです!

 

日経225ETF自動売買では、日本株価の指標である、日経平均株価指数に連動しているETFを投資対象としています。

では、投資対象の日経平均株価指数の長期のチャートはどうなっているでしょうか?

 

この記事のチャート図は全て、 Investing.com からデータを取得し作成しています。

はい、30年以上、見事なレンジ相場を形成しております。

 

ちなみに、同時期の、米国株の指標であるS&P 500株価指数は以下の通りです。

力強い上昇相場ですね!(こういう場合は、単純に積み立てしてた方が利益出ます)

 

ちょっと?情けない理由ですが、日経225ETF自動売買の投資スタイルの方が、マネーハッチでの自動売買の運用に合っていると言えます。

 

<理由2>

理由1と関連した理由です。

マネーハッチで買い付けしたときは、現物取引でETF買いしたときと同じ、レバレッジ1倍ですが、徐々に価格が上がっていく中、自動売買を続けていくと、徐々に必要となる証拠金が増え、実質的なレバレッジは高くなっていきます。(自動売買での最大レバレッジは5倍です)

そのため、価格が上がり続ける相場よりも、レンジ相場の方が、実質的なレバレッジが高くなるというというリスクを小さく押さえることが出来ます。

レバレッジが高くなると、下落時、強制決済のリスクは高まります→その投資? 強制決済の価格、把握出来てますか?(18年05月版)

<理由3>

日経225ETF自動売買は、維持コストが他よりも安いためです。

何故なら、他の投資スタイルでは、米国市場での買い付けを行い、為替ヘッジという処理を行っているためです。

為替ヘッジでは、米国のETFを買うと同時に、USドルを「売り」(日本円を「買う」)という処理をしています。

為替ヘッジにより、為替変動の影響は受けなくなりますが、日米金利差による手数料を支払なくてはなりません。

反対に、日経225ETF自動売買は、為替ヘッジの必要がなく、維持コストが他より低くなり、定期の配当収入を含めれば、例え、持ち続けたとしても、プラス収支になる可能性が非常に高いです。

そのため、今後、日経平均株価でレンジ相場が続くか分からないって、考えた場合は、自動売買ではなく、単なる積み立てに切り替えることだって、“気楽な気分で”出来ます。

*積み立てへの切り替えは、(マネーハッチではなく)トライオートETF内で、自動売買の建玉ごとに利確幅の変更をしていけば可能となっております。

理由は以上となります。

日経225ETF自動売買とはいえ、日経平均株価がまた下落していった場合は、評価損の状態となり、自動売買は機能しにくくなります。

ですが、レンジ相場で特に力を発揮する、マネーハッチでの投資では、割り切った方がいいと考えます。

日本で生活し、日本で投資をしている限り、仮に日経平均株価がなくなるような事態になれば、例え、米国株に投資してようが、世界株に投資してようが、結局のところ、多かれ少なかれ被害は避けられません。

 

ならば、マネーハッチを通じて、日本株に投資し、国内企業を精一杯応援していきましょう!

 

【関連記事】

私の考える、キャッシュレス化社会で騙されない、基本の判断基準

唯一の初心者向けの投資法 ”積み立て投資” で色々 計算した結果

私が「宝の山」と考える シストレ24 フルオート関連記事のまとめ

 

インヴァストカード

 

当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには参加していません。

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 この記事へのコメント

  1. […] 参照記事:「0円から投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  2. […] マネーハッチについては、私お勧めの投資スタイルがあります→詳しくはこちら […]

  3. […] マネーハッチに関して、私お勧めの投資スタイルがあります→詳しくはこちら […]

  4. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  5. […] マネーハッチに関して、私お勧めの投資スタイルがあります→詳しくはこちら […]

  6. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  7. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  8. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  9. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  10. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  11. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  12. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  13. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

  14. […] マネーハッチに関して、私お勧めの投資スタイルがあります→詳しくはこちら […]

  15. […] 「0円で投資」出来る、マネーハッチでの、お勧めの投資スタイル […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金融機関、どこがいいのか迷ったら→→ 具体的な数値で比較した結果

「鉄壁の外貨預金」可能な、あの銀行の他の魅力や注意点はどうなの?

GW中に 映画で 債券や世界同時不況の勉強は如何でしょうか?

貴方の味方に!”複利運用“で色々 計算した結果、まとめます。

金融機関様、貴社が潰れたら、私の資産はどうなりますか?

キャッシュレス化社会で騙されない、基本の判断基準、共有しましょう!