債券、貴方はどんなイメージ持っていますか? 実は、複雑なのです。

そろそろ、債券についての解説記事も作っていきます。

 

貴方は、債券について、どんなイメージを持っていますでしょうか?

 

低リスク低リターンでしょうか?

安全資産でしょうか?

 

 

でも、貴方がイメージしている債券・・・・例えば、米国債のことではないでしょうか?

 

米国債はアメリカがなくなったり、米国債のデフォルト(債務不履行)をしない限り、元本と利息が保証されている訳で、確かに、低リスク低リターンであり、安全資産と言えます。
*ほぼ為替変動リスクだけであり、外貨預金の代わりと考えることも出来ます。

 

 

例を挙げると・・

iシェアーズ 米国国債 7-10年 ETF 銘柄シンボル【IEF】
→中期~長期の米国債で運用する債券ETFです。
経費率:0.15%分配金利回り:1.88% (2018年3月29日時点、過去12ヶ月分)

iシェアーズ 米国物価連動国債 ETF銘柄シンボル【TIP】
→物価と連動しているため、債券の弱点であるインフレリスクを心配することのない、米国債ETFです。
経費率:0.20%分配金利回り:2.11% (2018年3月29日時点、過去12ヶ月分)

他にも、そこそこ安全な債券は・・・

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF 銘柄シンボル【AGG】
→米国投資適格債券市場全般を表す指数と連動した、債券ETFです。
経費率:0.06%分配金利回り:2.40% (2018年3月29日時点、過去12ヶ月分)

が、挙げられます。

 

 

でも、他にも債券、沢山あります。

 

そもそも、前回の世界的な不況、債券が発端だったというのはご存じでしょうか?

 

所謂、サブプライムローン問題のことです。

サブプライムローンは、“住宅価格や給与が、このまま上がる”という前提のもと、作られた 低所得者層向けのローンです。

 

投機前提のローンです。お金を借りて、投機をしているようなものです。

 

 

こんなの、長く続くこと、あり得ないですよね?

 

直接、そのようなローンのお金の貸し手になってくれ、と頼まれたら、貴方はなりますか?

恐らく、危険性がすぐに分かるので、ならないかと思います。

 

ですが、直接、そのような債券は作られず、CDO(Collateralized Debt obligation、債務担保証券)という金融パッケージが作られます。

CDOでは、多数のローンを一度まとめた後、貸し倒れリスクごとに、債券を切り分けます。

貸し倒れリスクが高い債券が含まれたパッケージの方が、高利回りとなります。

高利回りにつられ、危険なCDOを保有していた方が大損したのが、前回、不況での出来事です。

 

 

今は、恐らく、サブプライムローンのようなものは含まれていないはずと思いますが、例を挙げると・・・

BKLN PowerShares Senior Loan Port ETF 銘柄シンボル【BKLN】
→投資適格に満たない低格付けの銀行ローンの債権ETFです。
経費率:0.65%分配金利回り:3.54% (2018年3月29日時点、過去12ヶ月分)

 

当然ですが、CDOは、前回不況後、激減しました。

 

 

しかし、世界中では、なお、高利回りの債券が開発されています。

 

今後、騒ぎの主役になるのではないかと考えられているのが、CoCo債(偶発転換社債)です。

CoCo債は、主に(世界各国の有名な) 銀行から発行されます。

 

CoCo債では、銀行の自己資本比率が一定基準以下に下回った場合、元本が減ったり、銀行の株式に変更されたりします。→結局は損するリスクの高い債券です。

 

 

2016年には、欧州のドイツ銀行は 特に CoCo債発行 等で問題を抱えており、破綻し“ドイツ銀行ショック”が起こるのではないかと懸念されていました。

現状、欧州の景気も回復基調にあり、問題は(恐らく)先送りされている状態です。

 

グローバルCoCo債ファンド ヘッジなしコース/円ヘッジコース/先進国高金利通貨コース/新興国高金利通貨コース
→世界の金融機関が発行する債券、主にCoCo債を保有する投資信託です。
信託報酬(税込):1.766%分配金利回り:6.0~6.6% (2017年11月18日時点の概算値、過去12ヶ月分)

 

 

このように債券は、安全なものから危険なものまで、ピンキリです。

債券を理解することは、金融の知識が十分に必要なのです。

初心者向けとは言えない複雑な仕組みの金融商品がほとんどです。

 

私は、FXの世界には、テクニカル分析を極めたひとが数多くいると同様、債券の世界には、ファンダメンタル分析を極めたひとが数多くいると思っています。

 

そのような猛者揃いの世界で、時流を読み、利益出していくこと、とても大変だとは思いませんか?

 





 

 【関連記事】

各金融資産が 得する時期、損する時期、一度、整理してみませんか?

バランス型投資に不都合な 超有名な データ、ご存じですか?

ウェルスナビ VS 米国株ETF 差がつき過ぎたために、追加調査

 

 

本記事掲載のETF、投資信託の調査は、2018年4月3日に行っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには不参加

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 この記事へのコメント

  1. […] 債券、貴方はどんなイメージ持っていますか? 実は、複雑なのです。 […]

  2. […] 債券、貴方はどんなイメージ持っていますか? 実は、複雑なのです。 […]

  3. […] 債券、貴方はどんなイメージ持っていますか? 実は、複雑なのです。 […]

  4. […] 債券、貴方はどんなイメージ持っていますか? 実は、複雑なのです。   […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実際の経済 分からずに何が投資?当ブログ推薦の連載動画-三橋TV-

実は簡単!証拠金取引で強制決済されない金額の算出方法と見える裏側

唯一の初心者向けの投資法 ”積み立て投資” で色々 計算した結果

GW中に 映画で 債券や世界同時不況の勉強は如何でしょうか?

トラリピと積み立て投資の比較、徹底的に追及します!

貴方の味方に!”複利運用“で色々 計算した結果、まとめます。