自動売買トレーダーに新提案の <移動平均線を使った判断>の本質

今回は、移動平均線を使った自動売買プログラムの稼働⇔停止の判断、その意味すること、本質について書きます。

 

当ブログでは、移動平均線を使った自動売買判断を、判断方法の新たな提案として、取り上げています。

しかし、その新たな判断方法は、実は 目新しいものでないのです。

昔から使われている判断方法を より分かりやすくしたものであるということが、本記事でお伝えしたい内容です。

 

 

概要を飛ばす場合→こちら

 

 

 

 

改めて 移動平均線を用いた自動売買判断の概要から説明します。

概要については↓の記事でも、他と合わせて説明済みの内容です。
トレーダー・投資家 【必見】移動平均線を 効果的に使いこなす方法

 

 

当ブログ提案の 移動平均線による自動売買判断では、

横軸:自動売買 各取引の決済日時

縦軸:自動売買の累積損益

・・を取ります。

 

 

ここで、収益曲線の計測期間は、日々 移り変わる レンジ相場・トレンド相場 どのような相場に対応しているのか?分かりやすくなるため、出来る限り長期でとることをお勧めします

 

 

 

次に、自分が取引で使いやすいように、短期と長期の2本の移動平均線を取ります。

 

*80区間の移動平均とは、過去80回の取引後の累積損益の平均を表します。

 

短期、長期の移動平均線の期間の取り方は、自動売買プログラムごと、そして、自分がどのように使いたいのかで変わってきます。

 

当ブログの具体例は、毎日 チェックしたりせず、ゆったり使えるように 調整しています。

・・・どの位、ゆったり使えるかというと、“稼働開始のサインが出て 数カ月遅れでの開始でも十分 間に合う場合がある”位 ゆったりです。

(詳細については、各具体例の記事 ご参考にお願いします。)

 

 

 

稼働開始のタイミングは

(1) 短期・長期が上向きで

(2) 短期が長期が上抜いた

・・とき です。

 

*(1)と(2)の順番はどちらが先に起こっても、問題ありません。

 

 

停止のタイミングは

・短期が長期の下に来たときです。

 

 

このように 判断を視覚的に分かりやすくしたのが、移動平均線を使った判断方法です。

 

・・では、この移動平均線による判断方法、結局、何をしているのか?お分かりになりましたでしょうか?

自動売買を長年 お使いの方なら、ピンと来たかもしれません。

 

実は、自動売買の判断で 昔からある方法を分かりやすくしているに過ぎないのです。

 

 

自動売買の判断には、大きく2通りのやり方があります。

 

方法1.自動売買に組み込まれたトレード手法と相場が合っているかどうか 相場分析をして判断する方法

方法2.自動売買の過去の結果から、統計的に判断する方法

・・です。

 

 

方法1は、自ら手動で取引を行う裁量トレーダーも経験し、 テクニカル分析やファンダメンタル分析が出来ないと判断は難しくなります。

更に、自動売買プログラムに組み込まれたトレード手法は、非公開であるため、自作でプログラムを作って利用しないと、方法1で判断するのは、困難であると考えます。(理論的には可能なのですが現実は厳しいです)

 

 

結局、他の人の作った自動売買プログラムを使う場合、方法2を使わざるを得なくなります。

判断方法2.自動売買の過去の結果から、統計的に判断する方法

 

ここで、はっきりと言いますが、

当ブログの移動平均線の判断方法、今後、何故か上手くいかなくなる可能性もあります。

これは、他のトレーダーとのお金の奪い合いをしているトレードなら当然のことです。

 

ですが、もし 移動平均線の判断方法 全てが上手くいかなくなるならば、これまでの判断方法2も、役に立たないことを意味します。

何故なら、方法2の統計的な判断方法を視覚的に分かりやすい形に落とし込んだのが、移動平均線を使った判断方法だからです。

 

例を使って、説明します。

統計的な 自動売買での判断でやっていることは、以下の通りです。

 

 

統計的な判断では、結局のところ、膨大な過去のデータと 直近のデータとの比較で判断しています。

 

〇 過去に比べ、直近が調子が良いか変わらなければ 稼働

● 過去に比べ、直近が調子が悪ければ 停止

 

この2つだけです。

 

上図 すっごく分かりやすく書いていますが、実際は複雑です。

普段 私たちに身近にないピンとこない関数も使います。

詳しく知りたい方は→使える売買システム判別法 (現代の錬金術師シリーズ)

 

 

そこで、当ブログでは 移動平均という これまでもよりも分かりやすい関数を用いて・・

 

過去のデータ→長期の移動平均

直近のデータ→短期の移動平均

・・と置き換えています。

 

 

そして、収益曲線に 移動平均線を表現し、視覚的にも分かりやすくしています。

 

 

 

 

移動平均線を使った判断では、

過去に比べ、直近が、調子が良いのか悪いのか? はっきりと分かるようになります。

 

 

更には、調子の良い 悪いの程度まで、移動平均線で分かるようになります!

 

あまりに調子が良かったら、そこから稼働始めても、損切りになる可能性が高くなりますよね?

そして、短期が調子が悪くても、長期より上にあるのであれば、まだまだ稼働を止める必要はないのが分かりますね?

 

要するに、落ち着いて対処出来ます。

 

如何でしょうか?

判断の根拠もあるし、何より 分かりやすくはないでしょうか?

 

 

 

 

自動売買トレーダーに新提案の <移動平均線を使った判断>の本質、まとめます。

 

当ブログ紹介の 移動平均線を使った自動売買判断は、

これまでもあった統計処理による判断を、視覚的に分かりやすくした判断方法です。

 

 

もし仮に 移動平均線による判断、全く使い物にならないとしたら、それは、統計的な判断そのものが役に立たないということを意味します。

これまでも自動売買トレーダーに利用されてきた統計的な判断 役に立たないということはあるのでしょうか?

 

以上が、移動平均線による自動売買 判断の本質です。

ご参考にして頂けたら幸いです。

 

 

(追記) 念には念を入れます。

移動平均線による判断方法 公開する以上、私は 利用してくれる方に損をして欲しくはありません。

みんな 同じ自動売買を利用し、反対売買を狙う(かもしれない)大手の餌食にはなって欲しくはありません。

そこで、出来るだけ多くの自動売買プログラムの具体例を定期的に記事化していきます。

 

みんなで偏らず分散して利用していきましょう!

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

インヴァスト証券

 

 

【関連記事】

必読!”移動平均線での自動売買判断“ ご利用時の注意事項!

移動平均線で自動売買判断02 シストレ24 レア物上位 1811

移動平均線で自動売買判断03 ゴゴジャン 長期ベスト 1811

 

 


使える売買システム判別法 ──確率統計で考えるシステムトレード入門

 

・自動売買プログラム(Beatrice-ADX01)の情報はインヴァスト証券 シストレ24より入手しています。

 

 

 

当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには参加していません。

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 この記事へのコメント

  1. […] 自動売買トレーダーに新提案の <移動平均線を使った判断>の本質 […]

  2. […] 次記事→自動売買トレーダーに新提案の <移動平均線を使った判断>の本質 […]

  3. […] 概要→自動売買トレーダーに新提案の <移動平均線を使った判断>の本質 注意事項→必読!”移動平均線での自動売買判断“ ご利用時の注意事項! […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

移動平均線で自動売買判断03 ゴゴジャン 長期ベスト 1811

不況時の安定収入目指し、シストレ24 フルオート 検討してます!

移動平均線で自動売買判断05 フルオート過去選択 抽出 1812

私が「宝の山」と考える シストレ24 フルオート関連記事のまとめ

シストレ24 フルオート 設定要点3:金卵にご用心! 失敗作公開

FX 自動売買 シストレ24での ステータス 徹底的に解説します