アップル株積み立て運用5~38年 過去シュミュレーション-1908

積み立て投資をより具体的にイメージ出来るよう 過去の相場での積み立て運用シュミュレーション結果を載せていきます。(2回目)

今回は、アップル株(AAPL:米国株)の積み立て結果です。

前回→米ドル積み立て

円建てでアップル株は中長期で上昇相場となっています。

上昇相場では積み立てより一気に買って持ち続けた方が利益が出ますが、どの位差が付くのかの参考に出来るかと思います。

i-フォンでおなじみのアップル株は米国株を扱っている全ての国内証券会社で購入出来るごく一般的な銘柄です。歴史も長く、長期的にもデータがあるため記事化しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は AAPLチャート.jpg ですページ内ショートカット↓

積み立て期間:5年
積み立て期間:10年
積み立て期間:20年
積み立て期間:38年(MAX)
まとめ

・毎月 月末に2万円ずつ積み立てを行うとしてシュミュレーションを行っています。

・アップル株(AAPL)、米ドル/円(USD/JPY)の情報はInvesting.com からデータを取得しています。

・円建て価格はそれぞれの期間の始値・高値・安値・終値に関して、米ドル建て価格に為替レートをそれぞれ単純にかけた値で算出しています。おおよその値と考え下さい。

・配当金収入や売買手数料は加味しておりません。米国株の場合は配当金再投資での複利運用をすれば更にパフォーマンスは挙げられます。実際の運用時は複利運用もご検討下さい。

・期間ごとに価格の変化率と積み立ての収益率で分かりやすく単純化して比較しております。

目次に戻る


積み立て期間:5年

目次に戻る


積み立て期間:10年

目次に戻る


積み立て期間:20年

目次に戻る


積み立て期間:38年(MAX)

目次に戻る


まとめ

 

大きく値上がりしているのでイメージしにくいかもしれませんので補足しますと、1000%で資産は約10倍(100万円⇒1000万円)、1万%で資産は約100倍(100万円⇒1億円) 増えます。

次の記事→日経平均積み立て

目次に戻る


マネックス証券

【関連記事】

米ドル積み立て運用5~40年 過去シュミュレーション-1907

貴方の味方に!”複利運用“で色々 計算した結果、まとめます。

米国株の取り扱い数と手数料 分かりやすく 各社比較_1907版

サクソバンク証券

ブログランキング・にほんブログ村へ 当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには不参加

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バランス型投資に不都合な 超有名な データ、ご存じですか?

金ETFに投資するなら、こういう投資先はいかがでしょうか?

金融資産 下落の局面の今 別の事情で購入様子見 推奨の資産があります↓

中国株の取り扱い数と手数料 分かりやすく 各社比較_1809版

ブログで得られた収穫~投資先を見つけました!

米国株と日本株 投資しやすさ/しにくさを長期運用で比較しました。