なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定

仮想通貨、バブル崩壊はしてないようですが、微益決済したり、諦めて損失を確定したりして振るい落とされている方がいるように見える、気になるチャートの形になっているので、この記事作りました。

結論として、

貴方がなくならないと信じられるものを現物で購入しているのであれば、気にせず、持ち続けてもいいのです!

・・という内容です。

まず、何故、そんなことを勧めるか?ということから、説明します。

 

貴方が、確実な利益を得る為に、ある程度の価格に上がったら、決済する、あるいは、下がったら決済するというルールを作ったとします。

それは、それでいいと思います。

守れればですが・・・

 

実際の話、仮想通貨の、辿り着くべき価格が本当に分かっているひとなんて、誰もいないのです。(みんな好き勝手予想しているだけです)

理論的に予想出来る価格はあるのかもしれません。

ですが、そこにもっと儲けたいという欲望、そして、損はしたくない気持ちが入り混じると、複雑なチャートとなり、理論的な価格とは外れてきます。

その外れた点を、経済情勢から読み解くファンダメンタルズ分析や、チャートから読み解くテクニカル分析で補い、確実な利益が出るようにする必要があります。

要するに、相場を読み解く勉強が必要となります。

しかし、貴方は、本当に、相場を読み解く勉強をした後で、仮想通貨購入していますか?

特に、どこまで上昇するのか、テクニカル分析上の目安がない相場は大変なのです。

例えば、1度、バブル崩壊を経験した相場は、上限というものが出来、上限を目安にまだまだ伸びる余地があるから買おうとか、もう高値に近いから、一度撤退し様子を見ようとかの判断も出来ます。

仮想通貨のチャートに、上限の基準がまだないですよね?

そのような判断の難しい環境の中、貴方が、ある程度の価格に上がったら、決済する、あるいは、下がったら決済するというルールを作ったとしても、本当に後で後悔しないでしょうか?

 

上がったら、決済の場合、もし更に上がり続けたら、買い戻したい気持ちになりませんか?

 

下がったら、決済の場合も、決済した途端、反転上昇したら、何か損したと考え、深追いして買いたくなりませんか?

そうなったら、ドツボに嵌ります。

せっかく築き上げてきた利益を吐き出すどころか、最終的に損失になってしまう可能性も十分に考えられます。

心理戦になったら、相場の勉強も不十分で、精神訓練もしていない投資初心者が一番割を食います。

資金量もあり、そのような難しい相場を食い物とする機関投資家等に勝てる見込みはまずありません。

だから、そのような消耗戦に持ち込まれないために・・・

 

貴方がなくならないと信じられるものを現物で購入しているのであれば、気にせず、持ち続けてもいい!!

 

ということを、今一度、認識して欲しいのです。

 

日本の株の指標である、日経平均株価で説明します。

YAHOO!FINANCEより、データ引用し作成してます。

ご存知の通り、日本の株は一度、バブル崩壊を経験しています。

本来は緑の破線部分から買っておいたらいいのですが、大部分の方はもっと遅れて手を出してしまいます。

そしたら、その後、バブル崩壊で痛手を食ってしまいますね?

 

でも、日経平均株価を、ETFあるいはインデックス型投資信託として持ち続けていたら、問題なかったのです。(昔からそのような投資商品はなかったので、仮定の話とお考え下さい)

↓バブル崩壊以降の日経平均のチャートです。

上図及び下のシュミュレーション結果はInvesting.com からデータを取得し作成しています。

日本がなくならない限り、例え最高値で買っていたとしても、粘ればいいのです。

 

そして、諦めず積み立て投資を継続するのがプラス収益に持っていく近道となります。

現在、日経平均株価は、バブル時最高値には到達していません。

しかし、積み立て投資では、例え、最高値に回復しなくても、ある程度の価格まで回復すれば、プラス収益にすることが出来ます。

例として、上の赤丸の1984年3月から月2万円ずつ積み立て投資した場合について、説明します。

*月末の日本市場の閉幕直前に買い付けしたとします。

1984年3月からバブル最高値時の1989年12月まで、調子良く買い付けを進めると、積み立て額は138万円、積み立て時の平均レート(平均価格)は18000円となります。

つまり、日経平均が18000円のときに、138万円分買い、最高値から2万円ずつ積み立てを始めた場合(オレンジ丸印)と同じ とも考えられます。

日経平均が18000円のとき、多額の買い付けとか、もう危険に見えますよね?

 

それでも、ずっと諦めず、積み立てを継続したとします。

すると・・・

2017年12月末時点で、積み立て合計額:810万円に対し、積み立て評価額は1250万円程となっております!!

もう一度言います。

現在、日経平均株価は、バブル最高値には達していません。

なのに、440万円ほど、評価益が出ています。

 

30年も低迷している日経平均を積み立てて、プラス収益ですよ?

凄いパフォーマンスだと、感じて頂けますでしょうか?

 

 

ただし、プラス収益になるためには、途中大きな評価損でも諦めず、積み立てる必要があるということは触れておきます。

下図の灰色の線が評価損益です。

 

リーマンショック後に300万円ほどの評価損の状態が起こっています。

 

でも、なくならないのであれば、諦めず、積み立てればいいのです。

 

2013年以降からは、継続して評価益の状態になっていますが、これも、評価損のときに諦めなかったおかげです。

 

それでは、仮想通貨の話に戻ります。

貴方は、仮想通貨に出会ったとき、どんな気持ちだったのでしょうか?

未来のお金の形だ!!お金の革命だ!!・・・と思ったのではないですか?

もし今は、凄く儲かっていたのに、評価損になりそうで、どうしようかと悩んでいたとしたら、初心を思い出して欲しいのです。

 

最初から単に儲け話として捉えていたのなら、さっさと売却した方が勿論いいです。

 

しかし、仮想通貨の可能性を信じて投資したのであれば、例え、評価損になったとしても、諦めず積み立てを継続すれば、いずれ報われる日が来ます。

粘れば、貴方の財産を狙う機関投資家等にも必ず勝てます。

一つの手段として考えて頂けましたら、幸いです。

貴方の投資での成功は日本を豊かにする第一歩です。

健闘をお祈りしております。





PS

北朝鮮に盗られないようセキュリティには十分お気を付け下さいね!

【関連記事】

今だからこそ、長期投資考えませんか?

積み立て投資のイメージを持ちましょう!

トラリピ vs 積み立て投資 本当に初心者向けなのはどっち?

 

サクソバンク証券

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには不参加

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 この記事へのコメント

  1. […] 詳しくは→なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

  2. […] その場合はこちら→なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

  3. […] なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

  4. […] なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

  5. […] なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

  6. […] 日経平均の積み立て投資については、別記事“なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定”で説明しています。 (バブル崩壊前からの過去30年間、月末に積み立てをした場合です) […]

  7. […] 日経平均の積み立て投資については、別記事“なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定”で説明しています。(バブル崩壊前からの過去30年間、月末に積み立てをした場合です) […]

  8. […] なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

  9. […] なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

  10. […] なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定 […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今だからこそ、長期投資考えませんか?

投資は自己責任なんだけど、受益者責任ってご存じですか??

絶対に上手くいくはずの某 投資案件が絶対に上手くいくはずない理由

積み立て投資は価格が上下するほど、利益が出る?検証してみました!

米国株と日本株 投資しやすさ/しにくさを長期運用で比較しました。

移動平均線を使った 米ドル積み立て 「待ち」で投資成績改善の結果