S&P500 積み立て運用5~40年 過去シュミュレーション-1909

積み立て投資をより具体的にイメージ出来るよう 過去の相場での積み立て運用シュミュレーション結果を載せていきます。(6回目)

今回は、米国株の代表的指標であるS&P500の積み立て結果です。

前回→金(GOLD)積み立て

円建てでS&P500は中長期で上昇相場となっています。

S&P500に連動したETFや投資信託は多数存在しています。米国株投資の基本としてご確認頂けたら幸いです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は SP500-チャート.jpg ですページ内ショートカット↓

積み立て期間:5年
積み立て期間:10年
積み立て期間:20年
積み立て期間:40年
まとめ

積み立て過去シュミュレーション 各記事まとめ→価格上昇率順50音順

・毎月 月末に2万円ずつ 指数単位で積み立てを行うとしてシュミュレーションを行っています。

・S&P500、米ドル/円(USD/JPY)の情報はInvesting.com からデータを取得しています。

・円建て価格はそれぞれの期間の始値・高値・安値・終値に関して、米ドル建て価格に為替レートをそれぞれ単純にかけた値で算出しています。おおよその値と考え下さい。

・配当金収入や売買手数料、取引維持手数料は加味しておりません。

・期間ごとに価格の変化率積み立ての収益率で分かりやすく単純化して比較しております。

・直近のS&P500の円建て価格は30万円前後であり、月2万円で1単位買うには1年以上貯める必要があります。上昇相場では購入に時間がかかるのは不利に働き、積み立て収益率は低くなります。参考記事

目次に戻る


積み立て期間:5年

目次に戻る


積み立て期間:10年

目次に戻る


積み立て期間:20年

目次に戻る


積み立て期間:40年

目次に戻る


まとめ

 

補足しますと、1000%で資産は約10倍(100万円⇒1000万円) 増えます。

次回の記事→アドビ株積み立て

目次に戻る


敗者のゲーム〈原著第6版〉

【関連記事】

ウェルスナビ VS 米国株ETF 長期の過去検証してみました・・

ETFを インデックス型投資信託との 数値の比較で、説明します。

長期投資で、世界情勢,評価損etc 気になってしまう方へ 私からの提案

サクソバンク証券

ブログランキング・にほんブログ村へ 当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには不参加

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アクティブ型投資信託の信託報酬、長期でどの位かかるでしょうか?

NISA、つみたてNISAとの、ストレスのかからない付き合い方

日経平均積み立て運用5~35年 過去シュミュレーション-1908

ウェルスナビ VS 米国株ETF 差がつき過ぎたために、追加調査

私が、儲けの仕組みを早めに理解する方法、投資信託で説明します

投資信託はインデックス型で固めましょう!