下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ

高金利通貨:トルコリラ、10年以上続いている、下落相場、なお継続中の様子なので、本記事を作成しました。

将来的に、価値が下がり続けたとしても、なくならない投資先であれば、どの位の利回りの複利運用で、プラス収益にすることが出来るのか、目安となる記事です。

*なお、私は、トルコリラが将来的になくならない投資先であるとは考えておりませんので、もし、トルコリラに投資されている方は、なくなるリスクも加味して、ご判断下さい。

 

 

計算には、別記事 “積み立て投資のイメージを持ちましょう!”で、取り上げた、USドル(米ドル) を利用します。

 

USドル、今でこそ、ある程度のレンジ幅に収まり、安定はしていますが、約50年という長期で見ると酷い状況です。

 

下は、1971年2月から2017年11月までの、ドル円相場の値動き(超長期チャート)です。

 

 

未来が分かっていたら、1970年代からUSドルに投資しようと考える方は、間違いなくいないです。

でも、当時から世界1位の経済大国、軍事強国のアメリカの通貨である、USドルの価値が約50年間で1/3になってしまうことなど、予想出来た方はいないと思います。

もしかしたら、未来が分からなければ、私もUSドルに投資してしまっていたかも、しれません・・・

 

 

しかし、USドルは価値が下がってはいるものの、なくなってはおりません。

そして、金利収入が発生しております。

 

下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? を考える、本記事には、ぴったりの題材です。

 

 

まずは、USドルに金利収入が付かない(本来ではあり得ない)状況を考えてみます。

 

<利回り 0の場合>

 

別記事 “積み立て投資のイメージを持ちましょう!”と同様に、月末に、月1万円、USドルに積み立て投資していった場合の運用成績が下の図です。

 

 

約50年間 積み立てで、合計額:約550万円に対して、2017年11月時点で100万円程、損してます。

 

そして、も~し、2017年11月時点の積み立て合計額を、1971年2月に一気に投資し、そのまま放置した場合(スポット投資)の運用成績が下の図です。

 

 

ごめんなさい!!更に、見ていて、胃が痛くなるような図になってしまいました(笑)

円に対して、USドルの価値が下がった分だけ、評価損となります。

 

   評価額
(万円)
評価損益
(万円)
収益率
(%)
 利回り
0  の
場合
 積み立て 465  ー 97 ー 17
 スポット  177  ー 387  ー 69

 

当然ですが、下落相場のときは、積み立て投資の方が被害が少なくて済みます。

何故、敢えて、一気に購入する、スポット投資も載せたかというと、スポット投資の方が、複利運用の効果は強く発揮されるためです。

 

 

では、本題の、複利運用した場合に移ります。

 

<利回り 1%の場合>

 

まずは、低めに見積もって、年利1% で積み立て+複利運用した場合を考えてみます。

 

 

おおっ!!? 積み立て投資の場合は、利回り1%でトントンの状態になっています!

 

USドルの年利で1%とか普通にありそうですし、ETFの分配金でも利回り1%以上、普通にありますよね?

投資先の価値が1/3になったとしても、たった1%の利回りでの複利運用でトントンの状態に出来ています!!

 

積み立て+複利運用、かつ、なくならない投資先なら、長期的に見て、安全な投資先であるといえます。

 

 

では、約50年の積み立て合計額を、最初に一気に投資した、スポット投資の場合はどうなっているでしょうか?

 

 

・・・残念ながら、スポット投資の場合、利回り1%では、まだ評価損の状態です・・・

 

   評価額
(万円)
評価損益
(万円)
収益率
(%)
利回り
0  の
場合
 積み立て 465  ー 97 ー 17
 スポット  177  ー 387  ー 69
利回り
1%  の
場合
 積み立て  567  5  1
 スポット  283  ー 279  ー 39

 

 

 

じゃあ、どの位の利回りであれば、スポット投資でも、トントンの収益になるのか?・・調べたところ・・

年利 2.5%で、スポット投資でもプラスになります!!

 

<利回り 2.5%の場合>

 

それでは、積み立て投資から、利回り 2.5%の場合を見てみましょう♪

 

 

利回りが2.5%もあると、積み立て投資では、圧巻です!

 

約50年間 積み立てで、合計額:約550万円に対して、2017年11月時点で200万円程、得してます。

長期的に下落傾向にある、USドルに投資しているとは思えない、運用成績になっています。

 

 

次に、スポット投資での場合です。

 

 

やりましたね?!!

ついに、スポット投資でも、利回り 2.5%でプラス収益です!!

トルコリラで外貨預金出来る新生銀行でのトルコリラの現時点での金利は 5%以上あります。
*トルコリラ投資をお勧めしている訳ではありません。

 

 

利回りの高い投資先が、何らかの事情でなくならず、ずっとあるのであれば、何にも考えずに一気に購入したとしても、複利運用させていけば問題なしと言えます。

 

   評価額
(万円)
評価損益
(万円)
収益率
(%)
利回り
0  の
場合
 積み立て 465  ー 97 ー 17
 スポット  177  ー 387  ー 69
利回り
1%  の
場合
 積み立て  567  5  1
 スポット  283  ー 279  ー 39
利回り
2.5%  の
場合
 積み立て  786  224  25
 スポット  570  8  1

 

 

お分かりになりましたでしょうか?

貴方の最終的な利益を考える際に、価格の値動きの予想よりも、もっともっと重要なことがあります。

 

〇 利回りが常にあり、複利運用が行うことが出来る投資先であるか?

そして・・

◎将来に渡って、(なんらかの事情で) なくならない投資先であるか?

です!!

そう考えると、投資先、もっと楽に、シンプルに見つけることは出来ないでしょうか?

 

 

 

【関連記事】

積み重なる利息は貴方の敵か味方か?

今だからこそ、長期投資考えませんか?

なくならないものだったらバブル崩壊は怖くないです *現物取引限定

 




本記事は Investing.com より、データ取得を行い作成しています。

当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには参加していません。

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 この記事へのコメント

  1. […] 下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ […]

  2. […] 下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ […]

  3. […] 以前作成した記事:下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ を公開したとき、気になっている方、多いような印象を受けたので、今回、トルコリラ (TRY JPY)をターゲットにして作成しました。 […]

  4. […] 下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ […]

  5. […] トルコリラ 円の超長期の下落 酷過ぎのため、他の高金利通貨も調査 下落相場続く、トルコリラ/円 複利運用でどうなるのか、算出! 下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ […]

  6. […] 下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ […]

  7. […] 下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ […]

  8. […] 下落相場で 複利運用がどの位、有効なのか? 計算してみましたっ […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今だからこそ、長期投資考えませんか?

私が、どの位儲かるかより大事だと考えるものを突き詰めた末に・・

確実な投資なんてない!・・なら、ギャンブルとの違い分かりますか?

積み立て投資は価格が上下するほど、利益が出る?検証してみました!

決めるのは、貴方です。 <シストレ24 フルオート編>

維持手数料 vs 購入手数料 どの位、差がつくのか試算結果が▲〇