海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました!

本記事は、主に、ETFは利用したことがない、知らないという方向けに 国内外の証券会社の比較を行っています。

米国株ETF vs ロボアドバイザー最大手「ウェルスナビ」の比較については→ウェルスナビ VS 米国株ETF 長期の過去検証してみました・・

別記事“ETFを インデックス型投資信託との 数値の比較で、説明します。”で記載した通り、米国株や新興国株のような海外発の資産区分では、海外上場のETFを利用した方が手数料、最も安く済みます。

しかし、海外上場のETFは、米国株や中国株の取引と同様に行う必要が出てきて、国内上場のETFより複雑になっています。

そこで、今回、貴方が、どの証券会社で、海外上場のETF投資を始めるのが良いのか、判断材料となる記事を作成しました。

国内外合わせて、5社、取り上げますが、各社、それぞれ、特色があります。

貴方の状況に合わせて、お選び下さい。

ページ内ショートカット↓

国内証券会社 米国市場での比較
国内証券会社 中国市場での比較
海外証券会社での比較
まとめ

まず、国内証券会社です。

3社、あります。(現状、3社しかないとも言えます)

SBI証券、楽天証券、マネックス証券です。
→新たにサクソバンク証券でも取引可能となりました!再度 比較記事作成予定です。最新比較記事→米国株の取り扱い数と手数料 分かりやすく 各社比較_1907版

共通した特徴としては、敷居は低いが、海外証券会社に比べると、手数料や取り扱い数では不利です。

ただし、NISAを活用したETFに関していえば、国内証券会社でも十分かもしれません。
(海外証券会社では、NISAは利用出来ません)

NISAについては→NISAとつみたてNISA、今から始めるなら、どっちにしますか?

<国内証券会社 米国市場での比較>

更新記事→米国株の取り扱い数と手数料 分かりやすく 各社比較_1809版

  SBI
証券
 楽天
証券
 マネックス
証券




 *購入額
~約12万円
 5.4 米ドル (約577円)
  約12万円~
約48万円
 変動 (0.486%)
 約48万円~  21.6 米ドル (約2,300円)
 NISAでETF購入  購入手数料 無料
 為替手数料
(1万 米ドル、
約107万円 当たり)
 400円
*住信SBI
ネット銀行
経由
 2,500円
SBI
証券
 楽天
証券
 マネックス
証券
ETF 取り扱い数 280 255 253
米国株 取り扱い数 1138
1122 3046
他 特色・キャンペーン 貸株
利用で
利回り↑
手数料
ポイント
還元
NISA以外でも
売買手数料
無料の
ETFあり

*売買手数料は税込価格です。為替手数料はスプレッドから算出しています。

国内3社、売買手数料やETFの取り扱い数では差がありません。

各社の持ち味について、記載していきます。

【SBI証券】

◎ グループ会社の住信SBIネット銀行と組み合わせて、利用すれば、為替手数料を下げることが出来ます。

〇 米国株・ETFでも貸株を利用することが出来、配当金の他に毎月貸株金利が受け取れるようです。
*貸株をした場合、分別管理されないので、万一、SBI証券が倒産した場合、貸した株が戻って来ない可能性もあります。

【楽天証券】

〇 手数料が楽天グループで利用出来るポイントとして、1~2%還元されます。

【マネックス証券】

◎ 米国株取り扱い数が、3社の中で最も多く、国内証券会社を通じて、米国株取引もやりたい方には向いています。

〇 売買手数料が無料で出来るETFが、現在、30銘柄あります。
ETF提供会社であるウィズダムツリー社のETFが対象のようです。

ページ内ショートカットに戻る

更新記事→米国株の取り扱い数と手数料 分かりやすく 各社比較_1809版

マネックス証券

<国内証券会社 中国市場での比較>

更新記事→中国株の取り扱い数と手数料 分かりやすく 各社比較_1809版

中国市場のETFの投資については、実際には、他の証券会社でも出来ます。

しかし、米国市場のETFの購入も可能な証券会社は国内に3社しかないため、その3社での比較を行います。

  SBI証券 楽天証券 マネックス
証券







~約25万円
50.8 香港ドル
(約690円)
~ 10万円
540円
~ 約25万円
48.6 香港ドル
(約660円)
 約25万円~
約250万円
変動
(0.2808%)
 10万円~
100万円
変動
(0.54%)
 約25万円~
約250万円
変動
(0.27%)
 約250万円~
508 香港ドル
(約6,900円)
  100万円~
5,400円
 約250万円~
48.6 香港ドル
(約6,600円)
NISA ETFの購入手数料 無料
 SBI証券 楽天証券 マネックス
証券
 為替 手数料
(1万 香港ドル、

約14万円
当たり)
  500円
*住信SBIネット
銀行
経由
 1,500円
(上海A株
2000円)
1500円
 ETF 取り扱い数 44
44 39
 中国株
取り扱い数
1555
910
(上海A株
250含む)
2266

*売買手数料は税込価格です。為替手数料はスプレッドから算出しています。

中国市場だと、より複雑になります。

各社の特徴を挙げると・・・

【SBI証券】

◎ グループ会社の住信SBIネット銀行と組み合わせて、利用すれば、為替手数料を下げることが出来ます。

積み立て購入時に、同時に少しづつ両替も行って、為替変動リスクを和らげたい方には向いています。

【楽天証券】

〇 香港市場だけでなく、中国本土の上海市場の株も購入出来ます。

【マネックス証券】

〇 売買手数料、中国株(香港市場のみ)の取り扱い数では、有利です。

米国市場との比較とも併せて、ご考慮下さい。

ページ内ショートカットに戻る

<海外証券会社での比較>

次に、海外証券会社を紹介します。

海外証券会社では、取り扱い数や手数料の点で、国内証券会社よりも有利です。
(海外の銘柄に制限はほとんどありません)

一方、日本の法律が適用されず、証券会社破綻時のリスクが高かったり、NISAが適用されなかったり等のデメリットがあります。
(海外証券会社であっても、分別管理はされています)

 海外証券会社でのリスクと対策→海外証券会社で起こりうる 口座 強制閉鎖への対策 共有しましょう

海外証券会社として、インタラクティブ・ブローカーズ証券(以下、IB証券と略)、Firstrade を紹介します。

  IB証券 Firstrade
日本語
対応
×
(英語、中国語)
口座維持
手数料
月 10 米ドル、
約1070円
(10万 米ドル、
約1070万円以上の
口座残高で無料)
無料
 売買
手数料
 1株当たり 0.005 米ドルで
最低 1米ドル、約107円
*月の口座維持手数料を
超えなければ無料
 1取引当たり
2.95 米ドル、
約315円
IB証券 Firstrade
 為替
手数料
  1取引当たり
2 米ドル、約214円
*月の口座維持手数料を
超えなければ無料
 送金前に
両替必要
必要最低
入金額
1万 米ドル、
約107万円
 なし
 備考  ー  口座開設時
パスポート必要

IB証券には口座維持手数料があるため、ある程度、資金量があったり、複数銘柄を頻繁に取引する方向けです。

Firstradeは、どちらかというと少額資金での長期投資向けです。日本語対応はしていません。

もう少し、どんな証券会社か補足説明します。

【IB証券】

IB証券は、米国にあるInteractive Brokers LLCの日本の子会社です。

Interactive Brokers LLCは、米・バロンズ誌より、7年連続で、トップ・オンライン・ブローカーとして、評価を受けています。

他、現在、いくつかの米国の情報誌で、評価されています。

【Firstrade】

日本在住の日本人が口座開設出来る、手数料等の条件が最も良い、米国の証券会社です。

Interactive Brokers グループより、会社の規模は、3~4倍程大きいようです。

ページ内ショートカットに戻る

 

では、各証券会社特徴、まとめます。

   特徴
国内証券会社
共通
銘柄数や手数料で不利だが、NISA等に対応
(NISAを利用したETF購入時は手数料無料)
SBI証券
グループ会社との連携で、為替手数料安く出来る
楽天証券 ポイント還元、中国本土への株投資も可能
マネックス証券
 国内で見ると、銘柄数最多
 海外証券会社
共通
 日本の法律は適用されない一方、銘柄数や手数料で有利
(銘柄はほとんど制限なし)
 IB証券  口座維持手数料かかるが、他手数料は安く日本語対応出来る
Firstrade  日本語対応していないが、手数料等の条件は最も良い

以上です。

貴方の投資に合う証券会社探しの一助になれば、幸いです。

ページ内ショートカットに戻る

Xボーダー

【関連記事】

ウェルスナビ VS 米国株ETF 長期の過去検証してみました・・

ETFを インデックス型投資信託との 数値の比較で、説明します。

金融機関、どこがいいのか迷ったら→→ 具体的な数値で比較した結果

・掲載情報の確認は2018年3月11日~12日に行っております。
・為替(米ドル/円、香港ドル/円)はInvesting.comより、
2018年3月11日時点での価格を入手し計算しております。

(1 米ドル = 106.81 円、1 香港ドル = 13.6274 円)

ブログランキング・にほんブログ村へ 当ブログは にほんブログ村に在籍しています。*ランキングには不参加

問い合わせ先(メール): info@moneygement.net

 この記事へのコメント

  1. […] 詳細は別記事:海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました!を参照下さい。 (2 […]

  2. […] 本記事は、別記事“海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました!”の更新です。 […]

  3. […] 海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました! […]

  4. […] 海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました! […]

  5. […] 詳細は別記事:海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました!を参照下さい。 (2 […]

  6. […] 本記事は、別記事“海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました!”の更新です。 […]

  7. […] 詳細は別記事:海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました!を参照下さい。 (2 […]

  8. […] 海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました! […]

  9. […] 海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました! […]

  10. […] 海外上場のETF 及び株、国内外の証券会社の比較、まとめました! […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三菱重工株積み立て運用5~35年 過去シュミュレーション-1912

長期投資で、世界情勢,評価損etc 気になってしまう方へ 私からの提案

私の、リスクが高いものへの投資例 後編:積み立て購入の場合

貴方の周りをよく見て下さい。ビジネスチャンスはすぐ近くにあります

日本株を積み立てするなら?条件ごとに分かりやすく比較_1910

ウェルスナビ VS 日欧株ETF ロボが勝てる相手で比較しました